再任用制度と政治任用など非正規雇用公務員

再任用制度とは、年金支給年齢の引き上げを受けて、60歳定年後にまだその能力を行政内部で活かしていただこうという国が定めた制度です。

北名古屋においても、これまで行政当局にて部長級としてお勤めなされた方々を再任用制度をつかい、残っていただいてきました。

現役時代と比べれば薄給とはいえ、その知見を組織に残したい、という市長当局の意向を受け入れてくださり、管理職からは外れ、裁量権を持たずお勤めいただいてきました。

これまでは、部長級としてお勤めだった方々が、この再任用制度によりお勤めなさっているのです。

しかしながら、この3月議会にむけて、再任用ではない、どうやら違った事をお考えのご様子。政策本位、ということで立場を作るんなら、選挙マニフェストの最初っからやってくれ、というのが正直なところ。

はてさて、どうなるか。

参考:
「非正規」な公務員という存在
http://www.ps.ritsumei.ac.jp/assoc/policy_science/193/193_13_ukai.pdf