震災がれき受け入れ調査費用の専決処分に疑義あり!

愛知県知事が震災がれき(可燃物・木くず)受け入れに向けて6億円を専決処分する方針との新聞報道。

これを専決処分することの正当性が理解できない。新聞発表してる暇があるのに「急を要する事態」と判断することに疑義ある。
これを容認する議会も議会だ。最終的に国に補填させる、ということで納得させられてしまっては困る。
放射性物質の処分が確実に安全な手段として提示できていないにも拘らず、このような手続きに入ることには許しがたい。

20120405-083028.jpg