阿智村へ星空を求めて

みなさま、明けましておめでとうございます。熱田神宮のおみくじは小吉。今年は勉強の年として1年コツコツとやる事にしました。そういえば去年も同じこと言ってたような気がします。

そんな一年の初めは久しぶりに妻を連れての正月家族旅行。長野県阿智村へ満天の星空としぶんぎ座流星群を観に行ってきました。


阿智村は「日本一の星空」認定を受けたそうで、最近ネット上で話題になっていました。なので、もう行ってきた方も、ご存知の方もあるかもしれません。

今回行ってきたのでネタバレになりますがイベントについて書いちゃいます。終わりよければ全て良し、でも2200円の入場料は高いよ…。動画要らないからロープウェイで山頂行きたかった、というのが夫婦で一致した感想。

このイベント入ってすぐにある最初のインタラクティブなプロジェクションマッピングは楽しめて良かったです。童心に帰って画面の中に花火打ち上げてました。ここで期待感はアップ!


ところがそのあとの待ち時間がかなり長く、しょうがなくお土産物コーナーに寒さをしのぎに逃げ込んだりしてさんざん待たされてからようやく始まったプロジェクションマッピングによる動画映像は、何も得るものなく退屈で、ただただ派手で無駄。せっかく星空観に来たのに何なのこれ?となります。…制作費掛かってるけど不要だったよね?地方創生補助金か?どこの代理店の仕事だろう?とかそんなこと考えてました💢

その映像の後、周囲を真っ暗にして、夜空を見上げて星座の解説してくれたのはとても良かったです。実際の星空でのプラネタリウムみたいな解説してくれるのはとてもいい。しかも快晴の夜空での満天の星。もう感動的です。終わりよければ全て良し。と無理矢理自分を納得させてきました。
イベント会場を後にして、阿智村周辺で星空撮影に向かいました。友人のオススメスポットや自分で地図上から検討したポイントを周り、氷点下のキリッとした空気の中で三脚立てて写真撮ってきました。あの満天の星空を見上げた時の感動までは伝わらないと思いますが…


そんなこんなで明け方に中央道で帰宅して、仮眠ののち、今日は新年始まって最初の稼働日でした。

市政クラブの役員3人で県会議員や市長を尋ねて新年のご挨拶としばしの歓談。その後、議会事務局で議長・副議長と新年の挨拶を交わして今年最初の打ち合わせ。会派の研修や新年会などの予定を決めてきました。

みなさまにもなにかとお世話になることもあろうかと思います。どうぞ今年もご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA