長期休業期間中の児童クラブ、各校方式が実現しました!

児童クラブを利用されている保護者の方々からご要望をいただき、長時間にわたるヒアリングと意見調整を行ってきたこの案件。公明党の同僚議員とも会派を越えて市との対応協議を重ねてきました。

実は、この件について「集中方式での実施」という回答は早い段階でいただけたのです。
保護者の方にその旨をお伝えさせていただいたところ、プール登校日や部活動などの対応をどうするかの配慮が不足していると指摘いただきました。
(こういうときはやはり当事者の方と直接意見を交わすことが大事ですね。)

それからが大変でした。
計画する行政職員にはこのことが見落とされ、計画の大枠が「集中方式」と決定されてしまっていました。
でも集中方式という基本路線を変えなければ、保護者にも、行政職員にも、そして児童クラブ運営するNPO職員の方にも、こども自身にとっても、送迎することが大きな負担になります。
誰がやるのか、どうするのか、金銭的負担はどうするのか。問題の押し付け合いみたいな様相になりそうな課題がどんどんとでてきます。
あーでもない、こーでもない。

でもそれは各校方式で実施すれば全部問題は解決する。

そこからさきは私の頭の中では「各校方式」にどうやって持っていくか、市当局との折衝の席ではその一点に絞り込んで話しました。
各校方式にすれば、保護者も、行政も、NPOも、こども自身も、一番安心できる仕組みになる。
懇々とそのことを担当部局に説きました。

そしてとうとう、現段階では最善と思われる『夏休み期間の「各児童クラブ」での実施(各校方式)』に漕ぎつけることができました。
情報は市のホームページに情報が掲載されています。また今年度の運営実績があれば課題が明確になり、来年度の計画がしやすくなるはずです。

ようやく、ホッとすることができました。

この実現に向けてのヒアリングや準備にご協力くださった皆様、ご理解いただいた職員のみなさま、本当にありがとうございました!

平成28年度北名古屋市児童クラブの利用変更について

1 変更内容
⑴ 拡大内容 長期休業期間中の小学4年生の利用拡大
⑵ 変 更 日 平成28年度 夏休みから
⑶ 開所場所 集中方式→各児童クラブ

申し込み方法など詳細はリンク先をご確認ください。
平成28年度北名古屋市児童クラブの利用変更について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA