初動のトリアージが重要:済衆館病院 第8回災害時初期対応訓練

災害時の初期発生段階における人名救助では初動によって生存の機会が大きく変化するということ、トリアージ訓練と病院の人的リソースの配分の事情について訓練を通じて考えさせられました。加えて、トリアージされる負傷者とそのご家族の気持ちについて、実際には割り切れないものもでてくるだろうと思いました。

15007540_1033935090067826_1916354087_o

済衆館病院の災害時初期対応訓練内容については、所属会派の市政クラブのウェブサイトに記事を書きましたので、詳細についてはリンク先でお読みください。

済衆館病院 第8回災害時初期対応訓練

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA