平和とは何か。なぜ、自衛隊は存在するのか。考える機会を頂いた。

集団的自衛権の解釈については現在、第189回通常国会で審議されている最中である。ちょうど良い時期に、最前線である那覇基地における自衛隊の活動、緊急出動と日々の訓練に明け暮れる自衛隊員に触れる機会を得た。この視察は平和と自衛隊の存在を考える良い機会であった。今秋、平和と安保を考えるシンポジウムで市民に報告する予定だ。

今朝は西春駅から

おはようございます。 昨日は当選証書授与式でした。ちょっぴり新しくなった議会の面々にご挨拶。選挙モードもここまてで心機一転、ここからは再び、北名古屋市の未来に向けた政策活動へと気持ちを入れ替えていきます。 今日は清々しい[…]

税金はどこへ行った? ~名古屋大学にてSpending Data Party 2013 Winter in 東海【12/14(土)】が開催~

  オープンデータを推進するグループ”Code for Japan”によって「税金はどこへ行った(spending.jp)」のイベントが各地で12月14日に開かれます。 「税金はどこへい[…]

Thank you for your HBD messages

35才の誕生日を迎え、多くのメッセージを戴きました。 本当はお一人ずつにお返事をしなければならないのでしょうが、いまのところ数が多すぎてお返事をすることができません。コピペするのも味気ないので、代わりに今の気持ちをこちら[…]