CATEGORY 2.教育と子育て

北名古屋市の子ども医療費無償化の対象世帯所得の状況

北名古屋市の子ども医療費無償化がされていない、と言われますが実際にはちょっと違います。 就学前(0~5歳)については無償化されていますし、就学(6~15歳)の小学生・中学生については世帯所得に一定の制限を設けて、無償化を…

フィンランドの教育ってどんなものか調べてみた

フィンランドは公立学校での教育! 日本の文部科学省によるフィンランド共和国教育事情調査報告(速報)によると フィンランドの学校は、全体の99パーセントの学校が公立(大学は全て国立)であり、ごくまれに私立学校が存在する。 …

学び支援事業についての一般質問、ほか

質問=>学び支援事業計画について事業計画が公表されていない。事業計画ならびに成果と課題についてご説明いただきたい。
答弁=>子供たちの学びを支援するための非常勤講師配置、基礎学力向上のためのホリデー教室、教員の授業力向上のための研修の3本柱から構成。非常勤講師の配置については、各学校の非常勤講師活用計画に基づき配置している。本年度は34名。主にチーム・ティーチング指導として活用している。各学校の報告書からは個別指導などのきめ細かい指導ができ、9割程度の児童生徒が学校が楽しいと答えている。学力面でも中学校2,3年時には全国平均を大きく上回っている。課題として、非常勤講師の確保とその活用方法にはまだ改善の余地があること。

英語教育

北名古屋市の国際交流というと、遊びイベントになっていますが、本当にやらなければならないのは「英語教育」ともっと海外にでていく「機会を提供」することです。 英語教育は世界にでていくために必須の教育です。しかし教育手段は変化…