ご報告 : 会派「市政クラブ」に加入しました

まずはじめに、ひとつご報告をさせていただきたいと思います。
これまでの8年間、わたしは会派に属さない無所属議員として活動してきましたが、このたび、議会内会派の市政クラブに加入する運びとなりました。

北名古屋市が、住みよい街としてどこよりも優れた街であって欲しい。
その理想の実現のために、今まで無所属ひとりで政策の提言を必死に行ってきました。まだまだひとりでやれる!!という思いや、意地のようなものもありました。

しかし、これまでの活動や今後の自分の成長を改めてよく考えたとき、従来とは違った政策への取り組み方の必要性も、増えてまいりました。

北名古屋市の行政だけではなく、市民の方々とも、いままでにも増してさらに積極的に交流し、意見を述べる機会を増やしたい。そして、皆さんの声をよりきちんと市に届けてゆきたい。

そのためには、議会内での議員活動の幅も、さらに大きく、さらに深く、広げていく必要があります。また自身の政策研究のためにも、情報収集を活発化するにあたり、ひとりではやれないことがあるのが現実でもあります。

一匹狼でやっていく以上の成果を出すためとはいえ、無所属でなくなることは、それまでの8年間をある意味では否定し、新しいやり方に変えるという変化を意味しています。

無所属だからこそできたことも、無所属だからこそ難しかったこともあり、ここへ来ての方向転換は、正直に言えば安易なことではありませんでした。皆さんにご理解いただけるかどうか、不安もありました。

しかし、会派に入ったからといって何かわたし自身が大きく変わってしまうわけではありませんし、これまで通り「未来志向と持続可能性をもとにした政策実現への意見をする」という姿勢と志に、一切の揺るぎはありません。

このまちをより良い姿にしていくために必要な判断、必要な変化であることは、わたしが今後も真摯に活動していくことで、きっと納得していただけることであると、信じています。

今後、市政クラブの一員として、未来志向と持続可能性を軸にして政策判断に関与し、みなさまへ積極的に情報発信をする役割を担って参ります。

今後とも、私、桂川将典の活動へのご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。