自らの創意と工夫により、市民に開かれた市議会をつくる。

北名古屋市議会基本条例の前文にはつぎのように書かれています。「市議会は、役割と責務に基づく合議制の機関であり、市民の福祉実現の義務を負い、自らの創意と工夫によって市民との協調のもと、北名古屋市のまちづくりを推進していくものである。」市民に開かれた市議会をつくるため、文字通り実践する取り組みです。