自らの創意と工夫により、市民に開かれた市議会をつくる。

ご無沙汰いたしております。桂川将典、ウェブサイトに帰ってまいりました。

この間、あちこちから「サイトどうしちゃったの?」と言われておりましたが、先週末からかなりの激戦、孤軍奮闘の努力のすえ、ようやく復活・リニューアルさせることができました。

なぜこの忙しい3月議会の直前にウェブサイトを大慌てで復活させたのか、ということについて、ぜひ皆さんにご周知いただきたいことがあります。

明日の3月2日は、北名古屋市議会定例会が開かれます。そこで市長による施政方針の発表、ならびにこの議会で審議される議案が議会に上程されます。

そこで、議会に諮られる議案を、この桂川将典のウェブサイトから、ご覧の皆さんへ共有させていただくことを予定しております。

北名古屋市では今まで議会の傍聴者にも配布されてきませんでしたし、インターネットへの配布などはもってのほか、といった状況でした。今回が初めての試みになるのです。

北名古屋市議会基本条例の前文にはつぎのように書かれています。

市議会は、役割と責務に基づく合議制の機関であり、市民の福祉実現の義務を負い、自らの創意と工夫によって市民との協調のもと、北名古屋市のまちづくりを推進していくものである。
本条例は、市議会の公正性・透明性・独自性を確保することにより、市民に開かれた市議会、市民参加を推進するためにこれを定める。

文字通り、これを実践する取り組みです。

市民のみなさま、ならびにご興味をお持ちの皆様、ぜひご一読などいただきたく思っております。また改善やご意見などありましたら、contact からご連絡いただければと存じます。

今後とも北名古屋市の発展のため努力してまいります。皆様、どうぞご支援のほどよろしくお願いいたします。

p.s. もしよろしければfacebookの「いいね!」やTweet拡散のご協力をよろしくお願いいたします m(_ _)m