「対話と協調」の時代

予算総額の約1%を占めている議会。意思決定機関としてはおおよそ必要な予算総枠は確保されていると考えているし、決して小さな額ではない。北名古屋市の場合、そのなかで定数24人の議員がそれぞれの考えで活動をしている。 しかし市[…]