CATEGORY ブログ

街頭演説についてのアレコレ

さて今日もヨシヅヤさんの前をお借りして街頭演説を行ってきました。天気もよく暖かくて今日は気持ちがよかったです。しゃべってる合間にはいろんな方からお声がけいただき、また昨日に続いて今日もあたたかい缶コーヒーの差し入れを頂戴…

北名古屋市の子ども医療費無償化の対象世帯所得の状況

北名古屋市の子ども医療費無償化がされていない、と言われますが実際にはちょっと違います。 就学前(0~5歳)については無償化されていますし、就学(6~15歳)の小学生・中学生については世帯所得に一定の制限を設けて、無償化を…

フィンランドの教育ってどんなものか調べてみた

フィンランドは公立学校での教育! 日本の文部科学省によるフィンランド共和国教育事情調査報告(速報)によると フィンランドの学校は、全体の99パーセントの学校が公立(大学は全て国立)であり、ごくまれに私立学校が存在する。 …

じぶんたちの思いで、じぶんたちの手で

民主党政権時代に「新しい公共」という ひとつの概念が生まれました。 ご記憶にある方もいらっしゃるかもしれません。 わたしは民主党支持ではありませんでしたが この言葉については結構気に入っていました。 少子高齢社会に突入し…

来年の予算について-その2

昨日に引き続き今夜もやってまいりました、史上最速でお届けする議案審議の概略です。北名古屋市議会の予算決算常任委員会で審議された内容をメモしております。聞き漏らしはいくつかあります。そして聴き間違いなどもあると思いますので…

来年の予算について

北名古屋市がこれから1年かけて実施する様々な事業について、この3月の定例議会で審議されます。 北名古屋市議会の副議長は質疑を行わないことが申し合わせられているので今日の予算決算常任委員会では全力で聴くことにいたしました。…

子どもは読書で成長する

子どもたちに良書の読書をさせることが学習力の向上につながることだけではなく、読書を通じて人の想いを理解することができるようになる。そのためにもどんな本を読んだらいいのか、学校図書館という子どもたちにとって一番身近なところからきちんとPRしていくことが重要だということ。そのために学校図書館が果たすべき役割を担うのは、教育委員会だけでは負担が大きい。きちんとした指導者さえいればコミュニティスクールで運営することだって十分に可能なのだ