ツールの活用の方向性を基本計画にまとめる

試用期間と並行して、2017年10月には北名古屋市議会ICT推進基本計画をまとめました。

議会基本条例に定めた「市民の声を反映し、親しまれる開かれた市議会」に向けて、市民への情報発信や市民の多様な意見を把握するとともに、効率的で迅速な議会運営、議会の活性化、緊急時における情報交換などにICT技術の積極的活用を推進することを明確にしています。

計画に基づいて2018年度のタブレット導入と同時に議案書や各種通知がペーパーレス化しました。現在は議会BCPに沿った形での被災現場等の迅速な情報収集・提供のための仕組みについて検討しています。このあたりについて詳しくは後日、述べたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください