最新の地震動予測技術を活用し、市民の生命を守る減災対策

高精度な地震予測技術は、北名古屋市の被災時における、災害避難所の収容キャパシティの推計や、食料品等資材備蓄の適切な量を予測するために必要な技術である。
  
地震動予測の客観性を確保し、かつ費用を低廉化することが可能な地震動予測技術について開発された名古屋産業大学 菅井径世教授をお招きし、北名古屋市における災害予測精度向上の手法と意義について研修を行った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA