充電式バッテリーを含んだ製品の廃棄について

近年、モバイルバッテリーや加熱式タバコなど、さまざまな商品が充電式機能で動作しております。

リチウムバッテリーやニッカドバッテリーなどを含む家庭電機製品の廃棄について、これまで市の方からは「販売店へ持ち込んでください」との案内がされておりました。

しかしながら、それらの商品の多くが電機店ではなく、コンビニエンスストアなど一般小売店や、廃棄のためにAmazonなど通販で購入されていることから、持ち込むことがそもそも適切ではないと考えられる状況が続いていました。

市の環境課ではこのよな充電式製品を安全に廃棄するために、適切な分解と絶縁処理を行なってくださっています。

なおリチウム電池を含む商品については回収機構があることから、今後はそちらへの処理ができるよう市民への案内を準備しているところだと聞いております。

ゴミ問題は極めて重要です。世の中の変化にいち早く対応しなければ事故や環境汚染につながってしまいます。これまでの歴史が教えてくれたのは現在だけでなく後の世代が苦労をする、ということです。

そもそも処理が困難なものや希少金属を含んだ都市鉱山が現代の貝塚になります。

レジ袋やプラスチックスプーンが有料化される、というようなセンセーショナルな話題に意識が流されがちですが、身近なところから目を向けていくと、ゴミをとりまく諸問題は本当に興味深いものです。

さて日曜日ごとにウォーキングを兼ねたゴミ拾いを仲間内で2月に開始してすでに4ヶ月ほど経ちました。赤い作業用手袋がトレードマークになっています。

私たちだけでなく、皆さんよ身の回りでも同じように取り組んでいただければ、この街はずっと綺麗になる。自分自身の手で変えられることもある。

近くこの活動の拡大のために情報発信を進めていきます。活動へのご支援ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください